空振りをしない方法|気をつけるのは3つだけ【硬式テニス入門】

テニス入門

初心者のうちは、空振りをしてしまうのは当然。
とはいうものの、空振りをしてしまった瞬間は
ものすごく恥ずかしいですよね。

「テニスは自分に向いていないのかもしれない」
と不安になるかもしれませんが、全く心配ありません。

現在コーチをしている管理人も
初心者の頃はたくさん空振りをしていました。

先に空振りの原因を解明しておきますと、
・立ち位置
・目測
・スイングの大きさ
のいずれかに誤りが生じた場合に発生します。

空振りを回避するために
ここからは一つずつ丁寧に解説していきます。

空振りをしない方法

ツーバウンド目を予測

空振りをしない方法1つ目は「ツーバウンド目」
を予測すること。

初心者の方の多くは、
慌ててしまって最適の立ち位置よりも
前に突っ込みすぎることが多いです。

ボールのスピード、高さ、深さ、回転によって
バウンドしてくる距離が変わるのですが、
こればかりは経験で学ぶしかありません。

正しい距離感の予測をするために、
何球かじっくりとツーバウンド目まで
ボールを打たずに観察することをオススメします。

ツーバウンド目の地点が分かってくると、
ボールとの距離感が把握しやすくなります。

頭の位置をキープ

空振りをしない方法2つ目は
「頭の位置をキープする」です。

打つ瞬間に頭の位置が動いてしまうと
当然のことながら視点も動いてしまい
空振りをしやすくなります。

頭が動いて視界がブレてしまう方は
・スタンスを広げて打つ(両足の間隔が肩幅くらい)
・お腹周りに少し力を入れる
・アゴを引く
というイメージで打ってみましょう。

ちなみに私が初心者の頃は、球出し練習の際
頭にタオルを乗せて打っていました。

コンパクトなスイング

空振りをしない方法3つ目は
「コンパクトなスイング」です。

初心者の方は、フルスイングでボールを捕らえるのは難しく
空振りが多くなって当然。

プロでも、相手に攻められて堅実に返球したい場合は
コンパクトにスイングします。

空振りが多いうちは、構えをできるだけ小さくし、
打点でスイングを止めるくらいでOK。

まずラケットの真ん中に当てる感覚を練習してから、
徐々にスイングを大きくしていきましょう。

実は経験者でも振り遅れはよく起こります。
タイミングが合わない理由が
バックスイングが大きいor2度引き
だったりするので「コンパクトなスイング」の練習は
上達しても大切です。

継続が大切

簡単に3つのポイントを説明しましたが、
結局はたくさんボールを打たないと上達しません。

ボールとラケットの距離感がつかめるまでには
時間がかかって当たり前です。

ボールはそれなりの速さで飛んでくるのですから、
タイミングを合わせてうまくラケットに当てるには練習が必要。

空振りをしないために大切なことは
「ラケットの真ん中に当たるまで諦めないで続ける」
これが1番だと思います。

練習を繰り返すうちに、ラケットを扱う感覚や、
ボールとの距離感は必ず分かってきます。

まずは相手と近い距離で、
ゆっくりとラリーをする所から始めてみてください。

まとめ

それでは今回の記事の内容をまとめます。

空振りしないために
・ツーバウンド目を予測
・頭の位置をキープ
・コンパクトなスイング
・真ん中に当たるまで継続する

いかがでしたか?

初心者の頃は誰でも空振りするものです。

テニスは「ミスが出るのは当然」のスポーツなので
空振りしても全く落ち込む必要はありません。

コツを掴めば徐々にラリーがつながり
テニスが楽しくなっていきますから、
ぜひこの記事を参考にして練習してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ブログランキングに参加してみました。是非1クリックお願い致します。


テニスランキング
にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

みや

みや

テニス歴20年(選手10年、コーチ10年)の管理人が、上達に役立つ情報やテニスギアに関する知識を発信しているブログです。主な指導実績は、インターハイ・全日本ベテランなど、自身も国体・インカレ・日本リーグに出場経験があります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

みや

みや

テニス歴20年(選手10年、コーチ10年)の管理人が、上達に役立つ情報やテニスギアに関する知識を発信しているブログです。主な指導実績は、全国中学生・インターハイ・全日本ベテランなど。自身も国体・インカレ・日本リーグに出場経験があります。

ランキング

  1. 1

    【テニス】上手い人と強い人は何が違うのか【シングルス】

  2. 2

    そのミス「イップス」かもしれません【テニスイップス克服】

  3. 3

    【BabolaT】RPMソフト|インプレ・レビュー【ナイロンモノ】

TOP