【テニス初心者向け】グリップの握り方|フォアハンドのグリップ別の特徴とは?

テニス入門

「グリップの握り方がイマイチよく分からない」
「グリップの種類ってたくさんあるけど、初心者には何がいいの?」
今回は、このようなお悩みを解決します。

初心者の方が最初にやるべきことは、
不慣れなラケットに「いち早く慣れる」ことです。

私もそうでしたが、最初はラケットの向きが
どこを向いているのかも分かりませんよね。

そのため、初心者の方はできるだけ
手のひらの感覚に近い握り方をオススメします。

ラケットを手の感覚に近づけるには
「手の平」と「ラケット面」が同じ角度
になるように握ることが近道になります。

ラケット面が、手の平と同じ感覚になると、
ボールを思い通りに操ることができます。

今回は、握り方がわからない初心者の方向けに、
グリップの握り方を詳しく紹介します。

【テニス初心者向け】グリップの握り方 全4種類

今からグリップの握り方の種類を紹介します。
また、どのようなショットが打ちやすいのかを解説していきます。

コンチネンタルグリップ

包丁を握るように持つグリップがコンチネンタルグリップです。
人差し指と中指の感覚を少し空けると握りやすいです。

サーブやボレー、スマッシュなどのショットや
両手バックハンドの利き手などは全てこのグリップになります。

フォアハンドストローク以外のショットで使う重要なグリップのため、
テニス初心者は打ちにくいと感じるグリップですが、
早いうちにこのグリップと仲良くなっておくことをオススメします。

イースタングリップ

ラケット面に右手の手の平を当て、
それをグリップまで移動させた握りが
イースタングリップになります。

基本的にフォアハンドストロークで使います。
(最近はフォアボレーで使う選手も多い)

4つのグリップの中でも、イースタン・グリップは
手のひらの感覚に一番近い形でボールをとらえることができるため、
初心者の方にオススメのグリップです。

まずはこのグリップでボールをとらえる感覚を覚え、
そこからさらに力を加えやすい形を追求していきましょう。

セミウエスタングリップ

現在フォアハンドストロークで主流になっているのが
このセミウェスタングリップです。

スピン回転も、フラットのショットもどちらも打ちやすいのが特徴です。

イースタングリップとウエスタングロップの中間の
グリップのため、イースタングリップからも移行しやすいです。

ウエスタングリップ

ラケットを地面に寝かせた状態で、
真上から握った形をウエタングリップといいます。

主にフォアハンドストロークで使用し、
高い打点や、スピン回転が打ちやすいです。

日本のエース、錦織選手はこのグリップになります。

フォアハンドのグリップ別メリットデメリット

初心者の方がまず習得するべきなのは、フォアハンドです。

最初はバックハンドが打てなくても、
フォアハンドさえ打てれば、ラリーが繋がり
テニスが楽しくなります。

今から解説するグリップのメリットを踏まえて、
あなたに合ったグリップと打点をぜひ探してみてください。

コンチネンタル(薄い握り)

最適ショット:スライス、フラット
打点:体の横(横の距離感を離す)

メリット
・守備範囲が広い
・タッチショットが打ちやすい
・弾まないボールに対応しやすい

デメリット
・ボールを潰して打つのが困難
・トップスピンがかけにくい

イースタン(薄めの握り)

最適ショット:フラットドライブ
打点:コンチネンタルグリップに比べ打点が身体の前

メリット
・低い球にも対応しやすい
・相手の球の勢いを生かしたカウンターショットが打ちやすい
・クロスに打ちやすい

デメリット
・トップスピンがかけにくい
・高い球を叩くのが難しい

セミウエスタン(厚めの握り)

最適ショット:フラットドライブ、トップスピン
打点:イースタンよりもさらに前

メリット
・フラットドライブ、トップスピンどちらも打ちやすい
・高いボールにも低いボールにも対応できる

デメリット
・特になし(これといって特化したショットはないが、苦手もない)

ウエスタン(厚い握り)

最適ショット:攻撃型トップスピン
打点:セミウエスタンよりさらに前(横の距離感は近くなる)

メリット
・重いボールに打ち負けない
・高い打点が打ちやすい
・トップスピンが非常に打ちやすい
・逆クロスに打ちやすい

デメリット
・低いボールの処理が難しい
・守備範囲が狭い
・タッチ系のショットが打ちにくい

フォアハンドの打点の理想は、
地面からラケットが垂直水平になることです。

そうなると、当然グリップによって力の入る打点は変わります。

グリップが薄いと、打点は体の横の低めの位置になり、
グリップが厚くなるにつれて打点が前の高い位置になっていきます。

まとめ

いかがでしたか?

①コンチネンタルグリップ
②イースタングリップ
③セミウエスタングリップ
④ウエスタングリップ

以上が全4種類のグリップの握り方となります。

巷でよく聞く「薄いグリップ」とは、
コンチネンタル&イースタングリップのこと。
「厚いグリップ」とは、
セミウエスタン&ウエスタングリップのことです。

フォアハンドの打点の理想は、
地面からラケットが垂直水平になることです。

そうなると、当然グリップによって力の入る打点は変わります。

簡単にまとめると、グリップが薄いと打点は体の横の低めの位置になり、
グリップが厚くなるにつれて打点が前になり、力の入りやすい高さも上がっていくということです。

私が初心者の方に最初にオススメしたいのは
手のひらの感覚に近いイースタングリップです。

もちろん、最初から違和感なくフォアをセミウエスタン、
それ以外のショットをコンチネンタルで打てている方は、
そのままで構いません。

イースタンで始めた方は、
「フォアのスピンが打ちたい」
「相手の強く高いボールに対応したい」
と感じてきたらセミウエスタンに移行すれば良いと思います。

サーブとボレーは両手バックハンド(利き手側)は
イースタンで始めた場合も、ボーツの扱いに慣れてきた時点で
早めにコンチネンタルグリップに慣れていくのが良いと思います。

あなたが打ちたいショットとグリップの特性が一致していない場合、
上達を妨げてしまう場合がありますので、注意が必要です。

上達する過程で、自分がどのようなプレースタイルを目指したいのかを考え、
理想的なグリップを見つけてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加してみました。是非1クリックお願い致します。


テニスランキング
にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

みや

みや

テニス歴20年(選手10年、コーチ10年)の管理人が、上達に役立つ情報やテニスギアに関する知識を発信しているブログです。主な指導実績は、インターハイ・全日本ベテランなど、自身も国体・インカレ・日本リーグに出場経験があります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

みや

みや

テニス歴20年(選手10年、コーチ10年)の管理人が、上達に役立つ情報やテニスギアに関する知識を発信しているブログです。主な指導実績は、全国中学生・インターハイ・全日本ベテランなど。自身も国体・インカレ・日本リーグに出場経験があります。

ランキング

  1. 1

    【BabolaT】RPMソフト|インプレ・レビュー【ナイロンモノ】

  2. 2

    【テニス】上手い人と強い人は何が違うのか【シングルス】

  3. 3

    そのミス「イップス」かもしれません【テニスイップス克服】

TOP