「最近上達が止まってきた」とお悩みの方へ。自分の特徴をを知ればテニスが変わります。

スキルUP

今回のテーマは自分だけの武器&プレースタイルを作ろうです!

以前書いた記事の【テニスを始めたのが遅くても、格上選手に勝つためのたった2つの戦術】

の続きにもなりますので、まだ読んでいない方はこちらからどうぞ↓↓↓

テニスを始めたのが遅くても、格上選手に勝てるたった2つの戦術【シングルス編】

・ある程度の技術が身についてきたが自分の武器がない

・少しずつ試合に勝てるようになってきたが一定のラインを超えられない

今回はこのような悩みのある方向けの記事になります。

まずは自分を知ろう

人の試合を見ていると、“もったいない”と感じてしまうことがよくあります。

「せっかくサーブが上手いのに次のショットを攻めない選手」や、
「フットワークが良くて持久力があるのに、無理に攻め急ぐ選手」など・・・

これは「自分の強みとプレーがマッチせず大損している」状態です。

偉そうに言っている私もまさにもったいないテニスプレーヤーでした。

自分の強みを分かっていない選手は、周りの人と同じ練習ばかりすることによって、
特徴のない平凡な選手になってしまいます。

基礎練習は別として、パターン練習や試合形式では自分独自の取り組みをする必要があります。

強い選手はプレー全体の質が高いのはモチロンですが、
必ず”柱になるプレースタイルや武器”をもっています。

それは自分の強みを知って練習に取り組んでいるからなのです。

もし、自分のことがわからない方は以下のポイントについて是非考えてみて下さい。
【体格編】
・瞬発力が高いのか、持久力に自信があるのか
・身長や筋肉量など、体格はどうなのか
【プレー編】
・得意なショット、苦手なショットは何か
・コートのどのエリアにいるのが居心地いいのか
・良い試合はどんなプレーをしていたか
【目標編】
・県大会や全国大会など、どのレベル帯で戦いたいのか

あげればキリがありませんが、このように自分と向き合って考えれば
取り組むべき練習自分のプレースタイルが見えてくるはずです。

自分だけの武器&プレースタイルを作ろう

ある程度基礎練習を積んできたのであれば、
得意なショットができているのではないでしょうか。

苦手なショットを修正するのはもちろん大事ですが、
ある程度試合で使えるレベルになれば、
得意なショットを使ったパターン練習を増やすべきです。

そして、自分だけのポイントの取り方を体に覚え込まさなければいけません。

例1)サーブが得意な場合↓↓
・サーブの練習を増やす
・ワイドにサーブを打って相手を追い出し、早いタイミングでオープンコートに攻撃する練習
・サーブ&ボレーの練習

例2)ボレーが得意な場合↓↓
・コートの中に入って早いタイミングで打つ練習
・低いスライスや高い打点でフラットで叩くアプローチの練習
・パスが厳しい場合のブロックボレーの練習
・アングルに決めるボレーやスマッシュの練習

このように得意なショットだけでなく、
その前後のショットまでしっかり練習する事で
自分の柱となるプレーが出来上がってきます!

得意なパターンや武器を作る事が出来れば、必ず試合に勝ちやすくなります。

もし通用しなかったり相性が悪くても、
前回の記事で書いたように相手の弱点を狙うテニスに切り替えたら良いので、
試合中の心の余裕にも繋がってくるのです。

このように、できるだけ自分の特徴を理解し、

「オールラウンダー」例:ロジャー・フェデラー
ベースラインでもネットでもプレーが出来るタイプ

「ネットプレイヤー」例:フェリシアーノ・ロペス
サーブやアプローチから積極的にネットに出るタイプ

「カウンターパンチャー」例:ノバク・ジョコビッチ
チャンスを待ってカウンターを狙うタイプ

「アグレッシブベースライナー」例:ドミニク・ティエム
ストロークで自分から攻めてチャンスを作るタイプ

この4つのプレースタイルに当てはめて、自分の特徴とプレーがマッチするように努力しましょう。

僕の場合は・・・

自分の目標から逆算した時に、今のプレースタイルのまま結果が出そうなら問題ないです。

私の場合は「相手がミスをするまでひたすら我慢する」というプレーだったので、

ある一定のラインから上位に行くことができませんでした。

目標を達成するためには、自分からポイントを奪うパターンが必要だと思い、
自分から攻める練習を増やした結果、少しずつ成績が出るようになりました。

身長が高く、持久力よりも瞬発力が優れていた私には攻めるスタイルがマッチしたのだと思います。

もちろん丁寧につないで我慢するという土台があったからだとは思いますが・・・

私が取り組んだ順番

ひたすら相手コートに返す練習
↓↓
フォアの回り込みからコースの打ち分けをしつつ相手を崩す練習
↓↓
早いタイミングでアプローチを打つ練習
↓↓
ネットプレーの練習

このように基本練習+自分に合った練習をすることで成長できました。

体格で勝負ができない方は・・・

自分には身長がない・・・

瞬発力がない・・・

と思う方もいるかもしれませんが全く問題ありません。

その場合はフットワークを鍛えて「カウンターパンチャー」「アグレッシブベースライナー」
を目指せば良いのです。
(現役時代、私はこのタイプの選手に幾度となく敗れました。)

例)
角度をつけすぎない深いのラリーの練習
↓↓
相手を崩しきるまで簡単にネットに出ない
↓↓
パッシングショットの練習

最近はラケットの進化もあり、先に角度のあるボールを打つとより厳しく角度をつけて返球されたり、
無理やりネットに出ると簡単にパッシングショットで反撃されます。

カウンターパンチャーはこのリスクを理解し、相手を崩しきるまで無理をしないのです。

体格のない選手は、大柄な選手よりもすばやく動けるので、その特徴を生かした練習をしましょう。

と、このように見比べると、プレースタイルによって
取り組むべき練習内容が変わりますよね?

あくまでもこの記事で書いた内容は一例です。

大事なのは自分に合ったプレースタイルを見つけ、自分に自信を持ってプレーすることなのです。

まとめ

いかがでしたか?

この記事を読んで、あなたがまだ”自分だけの武器”がないと感じたなら

「これから劇的にレベルアップ出来る!」

と喜んで下さい!

まず自分と向き合い、練習メニューを工夫し、自分のプレースタイルを確立しましょう。

ここまでできれば、「相手が自滅しないと勝てないない」選手から

自分のテニスをして勝ち切る」選手に変身しているはずです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

VIVI TENNISはブログランキングに参加してみました。是非1クリックお願い致します。


テニスランキング

みや

みや

テニス歴20年(選手10年、コーチ10年)の管理人が、上達に役立つ情報やテニスギアに関する知識を発信しているブログです。主な指導実績は、インターハイ・全日本ベテランなど、自身も国体・インカレ・日本リーグに出場経験があります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

みや

みや

テニス歴20年(選手10年、コーチ10年)の管理人が、上達に役立つ情報やテニスギアに関する知識を発信しているブログです。主な指導実績は、全国中学生・インターハイ・全日本ベテランなど。自身も国体・インカレ・日本リーグに出場経験があります。

ランキング

  1. 1

    そのミス「イップス」かもしれません【テニスイップス克服】

  2. 2

    【テニス】上手い人と強い人は何が違うのか【シングルス】

  3. 3

    ボールとの距離感が合わない方へ。目を正しく使う方法【テニス】

TOP