なかなか上手くならないとお悩みの方へ。テニスが上達する人には共通点があります。

スキルUP

なかなか上達しないのはなぜだろう?

・テニスが強い人はどんな考え方してるの?

・メンタルが弱いのが悩み・・・

こんなお悩みを解決するお手伝いができたらと、この記事を書きました。

わたしはプレイヤーとして10年、指導者として10年以上テニスと向き合ってきました。

大学では卒論でトップ選手の思考を研究し、選手としてインカレ、国体、日本リーグに出場した経験があります。今はコーチとして初心者から全国出場者まで幅広くコーチングしています。

今回はそんなわたしが考える上達する人の5つの共通点を解説していきます。

あらかじめお伝えしておきますが、この記事は
上達に役立つ技術というよりも、「考え方」の話になっています。

少し暑苦しい内容ですので、「本気で上達したい」
という方だけこの先をご覧ください。

記事の内容を実践できれば、センスのあるジュニアはテニスで成功できる可能性がありますし、
わたしのようにテニスを始めたのが遅かったり、
特別才能がなくても必ず上達します。

それでは解説していきます。

テニスが上達する人の5つの共通点

結論から言いますと、

  • 目標から逆算する
  • 主体的である
  • 盗み上手
  • レジリエンス
  • 継続する力

これがわたしが出会ってきたトップ選手の共通点です。

今はネットやYouTubeでテニスの上達のための情報が簡単に手に入ります。
ただ情報が多すぎて何を実践したらいいか分からない人が多いのではないでしょうか。

「一生懸命動画で打ち方の勉強しているのにイマイチ上達しないな」

こう思っている人は多いと思います。

しかしそれは当たり前のことで、
技術は人によって正解が違うし、今の常識も変わる可能性があります。

体の使い方はもちろん大事ですが、「上達し続けたい」「試合に勝ちたい」と思うなら、
技術だけを追い求めても必ず限界がやってきます。

今から解説する5つの共通点を理解できれば、あなたに足りない部分が見えてくるはずです。

目標から逆算しよう

具体的な目標を設定するとやる気が出たり、達成するために必要な情報に敏感になります。

これは非常に良いことですが、やる気を維持することは非常に難しいです。

ですからあなたには目標を設定するだけでなく、目標から逆算して行動するところまで取り組んでいただきたいです。

おすすめの方法は、目標設定シートを使って紙に書きだす方法。

最終目標、中間目標、すぐに達成できそうな目標3つを決め、
期限(いつまでにやるか)と行動目標(何をするか)を具体的に書き出すと良いです。

それを毎日必ず目にする場所に貼ることで、今日取り組むことが明確になり、やる気を維持しやすくなっていきます。

そして、設定した目標を周りに宣言する事でグッと達成確率は上がります。

詳しく知りたい方はこちらの記事を御覧ください。

目標達成するための3ステップ【テニス】

主体的な価値観を持とう

主体的とは自分の意志、判断によって責任を持った行動することです。

主体的な人の基本は「自責思考」です。

物事をすすめるにあたってうまくいかない場合でも、
その原因を他人や環境のせいにせず、自らの責任や準備不足と判断します。

テニスでいうと、よく
「相手のミスジャッジがひどかった」
「風が強くて負けた」
「太陽がまぶしくて打ちにくかった」
など言い訳を聞くことがあると思います。

しかし主体的に考えることができる選手は、
ミスジャッジがあっても審判を呼んだり、
相手に確認したりと、
自分でできることをやったうえで切り替えようと努力します。

太陽がまぶしくて風が強くても、
相手も同じ状況だからと悪い環境を味方につけようとします。

仮にそれで負けたとしても準備不足を反省し、
次の試合に向かって努力します。

主体的な価値観を発揮するには、
先ほど説明した目標設定シートを活用したり、
「主体性がある」と思う人のできるだけ近くにいることで変わってくるはずです。

盗み上手になろう

盗むとは穏やかな表現ではありませんが、上達する人ほど教えてもらうのを待つのではなく、自分から吸収しようと努力したり、すでに成功している人の技や行動を盗もうとします。

ただ盗むだけではダメで、そこから考え、改善、工夫を繰り返し自分自身の力に変えていきます。

テニスの技術は骨格、筋力、グリップによって打ち方が変わるので教わったことだけ実践していると必ず伸び悩む日がきます。

そして強い選手ほどテニスをするだけではなく、メンタル、フィジカルトレーニングをしています。

技術だけにとらわれず自分が目標とする人の行動全体をぜひ真似てみてください。

なぜそのトレーニングをするのか?
何を意識して練習に取り組んでいるのか?
どうやって戦略を立てているのか?

これを考えるだけでもかなりの効果があると思います。

「近くに目標となる人がいない」という人も、
今の時代は動画やネットでプロやコーチのプレー・考え方を盗むチャンスがあります。

受動的にならずに積極的に行動していきましょう。

レジリエンスを高めよう

レジリエンスとは困難や脅威に直面している状態に対して「うまく適応できる能力」を意味します。

・思考に柔軟性がある
・感情をコントロールできる
・自尊感情が養われている
・挑戦を諦めない
・楽観的である

レジリエンスが高い人にはこのような特徴があります。

そして、レジリエンスは先天的な能力ではないので、意識次第で高めることができます

具体的な方法としては、

・親戚や友人と良好な関係を維持する
・ストレスに満ちた出来事でも、それを耐え難い問題として見ないようにする
・自分の力で変えられない状況は無理に変えようとしない
・目標を立て、それに向かって進む
・不利な状況でも、決断し行動する
・負けそうな場面でも、勝てる可能性を探す
・自信を深める
・長期的な視野を持つ
・良いことを期待し、希望を書くなどして視覚化する
・心と身体をケアしながら、自分と向き合う

この10の項目を意識する事がレジリエンスを高めることにつながります。

継続する力

もし「上達するコツはありますか?」と聞かれたら、
わたしは必ず「継続すること!」と答えます。

この「継続すること」がある意味一番大変かもしれません。

結果を出すためには厳しい練習にも取り組み続けないといけないですから。

しかしテニスの強い人、成長してる人ほど目標のためには努力を継続するしかない事を分かっています。

テニスはすぐに結果がでるものではありませんので、継続が苦手な人は短期的な成果を求めすぎないで、小さな事から継続していきましょう。

試行錯誤してるうちにある日掴んだりすることもあります。

そして、継続するためには一日も休まない事が大切!

「今日くらいサボろうか」と思わずに、
毎日テニス上達につながる事をコツコツ積み上げましょう。

3ヶ月も続ければ習慣になり辛くなくなります。

おすすめの習慣化のコツは、筋トレなど家でできることは今ある習慣にくっつける事!
これは「if-thenプランニング」といって、

・朝起きたら歯磨き→ストレッチ
・夕食→筋トレ
・お風呂→練習、試合のフィードバック

このように「AをしたらBをする」と決めておくことで継続しやすくなります。

大切なのは、モチベーションを上げてから行動しようと思わずに、まずやる!これが一番シンプルでベストな方法です。

あなたがいますぐやるべき事

ここまで5つの共通点について解説してきました。

もしかしたら「当たり前のことばかりだな」
と思った方もいるかもしれません。

しかし、この当たり前のことを実践するのは本当に難しいです。

「確かに頭では理解したけどなかなか行動できないな」
と思う方には全力で伝えたいことがあります。

それは「この記事を最後まで読むくらいやる気があるのだから、
今すぐに明確な夢や目標を決めましょう」という事です。

「テニス選手になりたい!」

「全国大会に出たい!」

「チームのレギュラーに入りたい!」

「1つでも試合に勝ちたい!」

目標はなんでも構いません。

この記事であなたのお役に立てることは、
情報そのものではなく、
記事を読んだ後の行動の後押しだと思っています。

ほとんどの人は本や記事を読んだり、
You Tubeで勉強をしても
分かったつもりになっているだけで、
実際に行動が変わることはありません。

さらに、人間は20分後には42%忘れて、
次の日には26%程しか覚えていないと言われており、
この記事の内容もすぐに忘れてしまう可能性が高いです。

ですから、この記事を見つけて最後まで読んで頂いたあなたには
目標設定シートの作成を今すぐに取り掛かってほしいのです。

目標設定シートを作成することで、
やるべきことが具体的になるため上達が加速します。

まとめ

最後は熱苦しい内容になってしまいましたが、いかがでしたか?

トップ選手はこの思考パターンが身についている方が多いです。

センスのみで国内トップまで行く人がいるかもしれませんが、
世界で活躍するためにはプラスαこの思考が絶対に必要です。

趣味の範囲でテニスを上達したい方も、
まず目標設定シートを活用するだけでもかなり効果があるはずです。

世界的な指導者は口をそろえて成功するには『人間力』が大事といいます。

人格を育てればサポートしてくれる人も増えるはずです。

偉そうにこの記事を書いたわたしも、選手時代にこの考え方や努力が足りなかったので、このようなマインドを持っているトップ選手に勝てなかったのだと思っています。

最後になりましたが、このサイトの目的はあなたの応援です。

少しでも心に響いたら今この瞬間からできることを始めてみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

VIVI TENNISはブログランキングに参加してみました。是非1クリックお願い致します。


テニスランキング

みや

みや

テニス歴20年(選手10年、コーチ10年)の管理人が、上達に役立つ情報やテニスギアに関する知識を発信しているブログです。主な指導実績は、インターハイ・全日本ベテランなど、自身も国体・インカレ・日本リーグに出場経験があります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

みや

みや

テニス歴20年(選手10年、コーチ10年)の管理人が、上達に役立つ情報やテニスギアに関する知識を発信しているブログです。主な指導実績は、全国中学生・インターハイ・全日本ベテランなど。自身も国体・インカレ・日本リーグに出場経験があります。

ランキング

  1. 1

    そのミス「イップス」かもしれません【テニスイップス克服】

  2. 2

    【テニス】上手い人と強い人は何が違うのか【シングルス】

  3. 3

    ボールとの距離感が合わない方へ。目を正しく使う方法【テニス】

TOP