【DUNLOP】SX300 2022|インプレ ・ レビュー【ダンロップのスピン系モデル】

RACKET

今回は、2022年リニューアルされた
「ダンロップ SX300」シリーズを
インプレ・レビューしていきます。

SXシリーズはダンロップの「スピン系」モデルで、
マイルドな打ち応えと、
弾道補正機能による安定感から
非常に人気の高いモデルになっています。

管理人のスクールにも
SX300とSX300LSの2機種の試打ラケが
入荷しましたので、
早速レビューしていきます。

【DUNLOP】SX300 2022の魅力

・使う人を選ばないスピン系黄金スペックラケット
・マイルドな打球感
・弾道のばらつきを抑えた安定感

SX300の魅力は、何といっても強烈なスピン!

ストリングのマス目が広く、
非常に引っ掛かりが良いラケットです。

初級者から上級者まで使えるラケットなので
最初に持つラケットとしても◎!!

奈良くるみ選手も使用しており、
女性にも非常に人気があります。

【DUNLOP】SX300 2022スペック

・定価:36,300円(税込)
・基本重量:300g
・フェイス面積:100平方インチ
・バランス:320mm
・フレーム厚:23mm-26mm-23mm
・素材:グラファイト、高反発ウレタン
・ストリングパターン16/19
・長さ:27inch
・グリップサイズ:1,2,3

フェイスサイズ100平方インチ、
重さ300g、バランスポイント320㎜、
フレーム厚最大26㎜の完全な”黄金スペック”。

黄金スペックは幅広い層に最適化された
使いやすいラケットで非常に人気が高く、
メーカー各社が特に力を入れているスペックです。

デザインもスペックも
バボラのピュアアエロと似ていますね。

【DUNLOP】SX300 2022の性能

打球感

打感は非常に柔らかい。

他の黄金スペックのような嫌な硬さがなく
気持ちよく振り切れます。

反発性能

反発性能は黄金スペックの中ではやや控えめ

ストリングの目が粗くなったので、
もう少し飛ぶと思ったのですが、
ある程度力強くスイングした方が
安定します。

スイングの速い、プレーヤーに好まれそうな印象。

300gが重く感じる女性の方は
SX300LSが振りやすいと思います。

スピン性能

スピン性能は非常に高いです。

しっかり捉えても、球筋が急激に落ちるので
思い切ってスイングすることができます。

弾きの良いストリングと合わせるとより◎です!

オススメのセッティング

これらの点から
男性は初級〜上級、女性は中級から上級レベルの方に
適したラケットだと思います。

女性の初心・初級者の方はSX300LSがオススメ。

それではオススメのセッティングです。

初心者男性↓↓
・ラケット:300g グリップサイズ2(手が大きめの方は3がオススメ)
・ガット:バボラ シンガットフォース130 48P前後

初心者女性↓↓
・ラケット:285g グリップサイズ2
・ガット:エクセル125 45p

中級以上のプレーヤー↓↓
・ラケット:300g グリップサイズ2or3
・ガット:バボラ ブラスト125 45p

 

まとめ

この記事の内容をまとめると

・初めて買うラケットにオススメの黄金スペック
・黄金スペックなのに柔らかい打感
・反発性能は控えめ

・スピン性能が非常に高い

このような感じです。

競合にバボラのピュアアエロがありますが、
硬い打感が好きな方はピュアアエロ、
しなり感を求める方はSX300
を選ぶと良いと思います。

他の黄金スペックラケットが知りたい方はこちら
→男性初心者オススメラケット

それでは皆様、楽しいテニスライフを。

 

ブログランキングに参加してみました。是非1クリックお願い致します。


テニスランキング
にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

みや

みや

テニス歴20年(選手10年、コーチ10年)の管理人が、上達に役立つ情報やテニスギアに関する知識を発信しているブログです。主な指導実績は、インターハイ・全日本ベテランなど、自身も国体・インカレ・日本リーグに出場経験があります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

みや

みや

テニス歴20年(選手10年、コーチ10年)の管理人が、上達に役立つ情報やテニスギアに関する知識を発信しているブログです。主な指導実績は、全国中学生・インターハイ・全日本ベテランなど。自身も国体・インカレ・日本リーグに出場経験があります。

ランキング

  1. 1

    【BabolaT】RPMソフト|インプレ・レビュー【ナイロンモノ】

  2. 2

    【テニス】上手い人と強い人は何が違うのか【シングルス】

  3. 3

    そのミス「イップス」かもしれません【テニスイップス克服】

TOP