試合で勝ちたいならクローズドスキルよりもオープンスキルを鍛えよう【テニス】

スキルUP

試合で勝つために必要なのは

ひたすら球出しで良いフォームを身につけることでしょうか?

試合で勝ちたいのに「打ち方」ばかり意識している人って意外と多いですよね。

もちろん私にも同じような時期がありました。

ただ、結果が出るようになったのは、自分の打ち方よりも相手との駆け引き

意識するようになってからです。

もちろん打ち方は大事ですが、
試合中に練習通りに打つこと自体が誰にとっても難しいのです。

ですから、試合でフォームを考えなくていいように、
良い動作が”無意識”でできるレベルまで反復練習し、
試合中に判断、応用できるように取り組んでいきましょう。

今回の記事では「試合のための練習の取り組み方」をお伝えしていきます。

テニスってそもそも

テニスはオープンスキルの傾向がとても強いスポーツです。

「オープンスキル」とは、外的要因に左右される技能のことを指します。

走らされて守る場面では速いボールが打ちたくても
「スピードの遅いボールを使って次のプレーにつなげよう!」
と考えたり、攻める場面では
「速いテンポで相手がいないコースを狙おう!」など、
相手のプレーによって自分のやるべきプレーは変わります。

簡単に言い換えると
相手がいるから自分が思った通りにはできないよ
という相手ありきのスポーツだということです。

反対に、陸上やゴルフのような競技は
クローズドスキルといって外的要因に左右される事が少ないので
自分自身の技術の要素が非常に強いです。

「そもそも」がこういう特性の競技であることを踏まえて考えると、

例えば、球出しでミスなく良いボールが打てる人でも、
試合で相手のボールが厳しくなるとミスが増えたりしますよね?

これは自分が下手だからミスしたのではなく、
相手にミスをさせられた訳です。

試合に勝ちたいと思っている人は打ち方だけを練習するのではなく、
刻々と変わる状況の中で、正しい判断ができるように練習していく必要があります。

テニスとは、体の使い方が良くなり威力のあるボールが打てても、
エース以上に相手にミスをさせられてしまえば負けてしまうスポーツですからね。

つまりテニスの場合は技術も判断力もどちらも鍛えていく必要があるんです。

練習の取り組み方

テニスの練習の取り組み方ですが、

技術力:球出し練習など外的要因に左右されない練習を反復する
判断力:相手が何をしてくるか分からないゲーム形式や試合をする

このような練習を両立させることで、徐々に「打ち方」から「どこを狙うか」「どこを守るか」
というところに意識を向けられるのです。

この考え方からすると、状況が目まぐるしく変わる試合で打ち方ばかりを意識するのは非常に難しいことが分かります。

試合で結果が出ない方の多くは、
練習のための練習になっている場合が多いのです。

できるだけ試合中にフォームを意識しなくてもいいように、
球出し練習→ラリー→ゲーム形式→試合と段階を踏んで取り組むようにしましょう。

具体例

これを読んでいるあなたは経験豊富なプレーヤー、と
いうよりはこれから勝ちに向かって取り組んでいく、という方だと思います。

そんな方がイメージしやすい具体例をご紹介します。

テニス初心者がなるべく早く結果を出したい場合↓↓↓
短期間で強くなるには、打ち方だけに気を向けている時間がないので、
球出しでクローズドスキルを鍛える練習は少しにして、ラリーやゲームを積極的に行う

テニス初心者が長期的に大きな結果を出したい場合↓↓↓
どのスポーツにも共通しているのですが、基礎をとばすと伸びしろが変わってくる可能性があるので、
応用練習の前にしっかりとゲームと切り離した動作の反復練習をして
「打ち方」「ボールに入る正確な動き」を習得してからオープンスキルの練習に移行する

僕の場合、クローズドスキルを最も習得しやすい小学生(神経系の発達が大人の90%以上)

の時期はテニスをしていなかったので、目標に対して圧倒的に「技術」が足りませんでした。

ただ技術にばかり気を取られていると、判断力が鈍り試合に勝てなくなったので

「クローズドスキル」と「オープンスキル」のバランスが大事なんだと気づきました。

自分の場合は他人よりも遅く、大学生になって練習のバランスの重要性に気づいたのですが、

そのことを理解してからは

球出し練習で体の使い方を意識
↓↓↓
ラリーで「リズム」「バランス」「タイミング」を意識
↓↓↓
ゲームでは相手との駆け引きに集中

というように取り組みました。

体感ではクローズドスキルとオープンスキルの割合は、
3:7くらいが丁度良かったです。

練習内容に応じた目的に意識を集中させるようになってから、結果にも繋がるようになりました。

ここの部分は私のように遅くからテニスを始めた方には少しでも早く気づいて取り組んでほしいポイントです。

自分で何が足りないのか分からない人は、コーチなどのテニスに詳しい第3者に見てもらうことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

キッパリと言ってしまえば

試合中にフォームを意識している時点で練習不足」です!

試合に勝つためにはポイントを取ることに気持ちを向けないといけないし、

無意識の連続を求められるので、自分のフォームばかり考える事ができません!

特に遅くからテニスを始めた方は
この記事で紹介したように、
いかにしてクローズドスキルからオープンスキルへ移行させていくか、
どのように負荷を上げていくかが重要なポイントになるわけです。

テニスは「心技体理」どれが欠けても勝てないスポーツであり、
取り組むことが多く大変ですが、目標からしっかりと逆算して練習していきましょう!!

 

VIVI TENNISはブログランキングに参加してみました。是非1クリックお願い致します。


テニスランキング

みや

みや

テニス歴20年(選手10年、コーチ10年)の管理人が、上達に役立つ情報やテニスギアに関する知識を発信しているブログです。主な指導実績は、インターハイ・全日本ベテランなど、自身も国体・インカレ・日本リーグに出場経験があります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

みや

みや

テニス歴20年(選手10年、コーチ10年)の管理人が、上達に役立つ情報やテニスギアに関する知識を発信しているブログです。主な指導実績は、全国中学生・インターハイ・全日本ベテランなど。自身も国体・インカレ・日本リーグに出場経験があります。

ランキング

  1. 1

    そのミス「イップス」かもしれません【テニスイップス克服】

  2. 2

    【テニス】上手い人と強い人は何が違うのか【シングルス】

  3. 3

    ボールとの距離感が合わない方へ。目を正しく使う方法【テニス】

TOP